ミーナのキャラメイクルーム

ゲーム攻略情報・キャラクリ・プレイ日記を自由に書いてくブログ☆

【PSO2】いま知っておきたいPSEバーストの仕組み

スポンサーリンク

いま知っておきたいPSEバーストの仕組みのアイキャッチ画像

昨日、野良で幻惑の森の周回していたら、PSEバースト中に離れた場所にいる人、エリア移動して1人進んでいく人に遭遇しました。

わざとかどうかは分かりませんが、もしかしたら、新規さんの中にはPSEバーストがどういうものか知らない人もいるのかなーと気づきまして。

PSEバーストの仕組みについて、改めて書いてみようと思います。さらに、5月から巷で話題になっている、幻惑の森バースト固定についてもまとめました。良ければお付き合いください。

まずは基本の起こし方

PSEバーストとは

PSEバーストとは、PSEレベルが最高まで上がったときに起こる、フィーバー状態のことをいいます。出現する敵が大量に増えて、それに合わせて経験値とドロップも非常に美味しい。PSO2プレイヤーなら狙ってでも起こしたいフィーバータイムです。

 知っておきたいポイント

PSO2ではフィールドごとにPSEというものが設定されています。PSEには種類が複数あって、各PSEレベルに応じた効果がプレイヤーに付与されます。そして、PSEレベル8に到達とすると、PSEバーストのチャンスとなります。

このPSEレベルを上げる方法は、実はとてもシンプル。1つのエリア内で敵を一度に大量に倒すことです分かりやすくいうと、PSEレベルには「維持・上昇・消失」の3つがあり、プレイヤーの行動に合わせて維持・上昇・消失を繰り返しています。

敵を素早く倒すことでPSEレベルが上昇しやすくなり、しかも大量に倒すことで、さらに上昇しやすくなるという仕組み。

敵を倒す以外にも、エリア移動時にも、PSEレベルの「維持・上昇・(消失も?)」の抽選が行われていると言われています。うまく維持と上昇を繰り返してPSEレベル8まで上がったら…PSEバースト!!!

 幻惑の森を例に挙げると、PSEは4つ。

  • 【PSE】メセタ増加
  • 【PSE】フレイムブースト
  • 【PSE】ライトブースト
  • 【PSE】ウィークブースト

PSEレベル1~4の間は時間制限はありませんが、レベル5以上になると効果時間に制限がかかり、その時間内にレベルを上げられなければLv0になって消失します。

PSEの種類とレベルについての画像

エリア移動しなければ、レベル1~4は維持されます。レベル5以上になると時間内にレベルを上げる必要があるため、殲滅スピードが要求されます。

幻惑の森固定中にとあるアークスから聞いた話によると、PSEレベル7は10秒程度しかもたず、敵を倒さずにエリアを2つ移動すると消滅してしまうそうです。

敵を倒さず2エリアで消滅は検証したことないですが、10秒程度で消えるというのは、個人的には信用しています。 体感でもだいたいそれくらいでレベル7は消えていくので。

 バーストが起きやすい条件

  • PSEが発生するマップであること
  • 段差の少ない平らな地形であること
  • 人数が多いこと

まずPSEが発生するマップじゃないと意味がありません。さらに、凸凹の多い場所だと、PSEが起きても、継続が難しかったりします。

次に人数ですが、クエスト上限いっぱいの人数が好ましいです。四人クエストなら四人。12人マルチなら12人。プレイヤーの数が上限に近いほど期待値が上がります。12人マルチならせめて8人以上は欲しいところです。

PSE上昇を確認できる画像

▲敵を倒したときに上がる金色の柱はPSE上昇の合図 

 ソロでバーストを起こすには?

ソロでも条件を満たせばバーストを起こすことができます。その条件が揃いやすい場所は、アドバンスクエストです。ポイントはとにかく敵を素早く倒すこと。旨味はあまりないですが…

バースト中の立ち回り

基本は、PSEが起きたエリアの壁際へと走り、壁を背に遠距離武器またはテクニックで敵を殲滅します。壁を背にすることで、敵が正面に集中し、倒しやすくなるからです。

私の場合は、もっぱら、壁に背を当てて、肩越しでイルフォイエを落としています。

バースト地点がフィールドの出口、または入り口付近の場合、出口入り口を背後に戦うのがおすすめですが、数年前の修正により、出口入り口の周辺は、敵が極端にわかなくなるよう調整されました。 これは当時流行っていた出口バーストへの対策として行われたものです。

バースト中の注意点の1つに「あまり動き回らない」というものがあります。

敵をばらけさせないためです。なので、PSEバースト時に使う遠距離用の武器を用意しておくと安心です。さらに、バースト中にアイテムを拾うときは、固定なら一人一人交代で拾いに行くのが基本です。

野良マルチなら、なるべく他のプレイヤーと一箇所に固まって、可能な限り素早く敵を倒すように意識すればOK!

 メモ

バースト終了後にレベル6~7のPSEが残っているようなら、再バーストのチャンス。

アイテム消失に注意

フィールド上ではドロップしたアイテムが160個までしか表示されません。160を超えたアイテムは古いものから順に消えていきます。バースト中はとにかくいろんなアイテムがポロポロポロポロ落ちます。欲しいものがあるときは、消える前に拾うようにしましょう。

星14自動取得は必ずONに! 上限の160を超えると星14武器ですら、古い順から消えていきます。これを回避するために、オプションから自動取得ONに変更しておくのがおすすめ!

ワンモアとクロスバーストについて

PSEバースト中に、他のPSEレベルが8に到達すると、クロスバーストして、ワンモアが高確率で発生します(もしかすると確定?)。ワンモアの仕組みについては解明されていませんが、アドバンスのようなPSE向きのフィールドだと、運次第で7回・8回と続いていきます。

ワンモアとクロスバーストが分かる画像

バーストタイマーがゼロになってもすぐに消えない場合、ワンモアか+〇秒が発生すると思ってくれていいです。

ポイント!

クロスバースト≒ワンモアじゃない点に注意。

PCブロックとvitaブロックの違い

PSEバーストで知っておきたいのが、PCとvitaのブロックの差。実はけっこう大きくて、固定では重要視されています。

 vitaブロックの仕様

  • マップが小さい
  • 敵の数が少なめ
  • Eトライアル同時発生数が2つ
  • PSEバーストタイムが+30秒
  • PSEバーストチャンスタイムが+30秒

敵の数が少ないというデメリットはありますが、PSEバーストに向いているというメリットがあります。Eトライアルの同時発生数も、フィールドによっては大きなメリットです。

結晶Eトラ成功でバースト確定

励起結晶を守り抜けの画像

Eトライアル「励起結晶を守り抜け」が発生するとPSEバーストの大チャンス。制限時間内に結晶を守り切ると、PSE発生率が大幅上昇します。しかし結晶は非常にもろく、壊れやすく、2個破壊されると失敗となります。

幻惑の森でバーストを狙うコツ

いま一番PSEバーストが美味しいフリー探索「幻惑の森」でのPSEバーストについて。

野良マルチで意識したいこと

  • 団体で行動する
  • PSEレベル7になったら殲滅を急ぐ
  • 数分の用事はキャプシップへ行ってから

敵の殲滅が終わってないのに次のエリアに進んだり、ボス戦中に他のエリアへ移動したり、そういうのはなるべくしない方が無難。なるべく固まって行動しましょう。

もし荷物整理や、突然の電話・来客で数分間行動できない場合は、テレパイプでキャンプシップに戻ってからにしたほうが、他のプレイヤーの迷惑になりません。

固定でのやり方・起こし方

フリー探索「幻惑の森」で行う固定の手順は以下の通り。

  1. vitaブロックで行う
  2. マップを厳選する
  3. ボスEトラ2つを隔離する
  4. マップをグルグルする
  5. 湧きが消えたら寄り道
  6. 集団を離れてまでレアは拾わない
  7. バーストは1時間に1回くらいと心得る

固定でやる場合、4人PT×3の12人が理想ですが、8人でも成立します。手順について1つ1つ説明していきますね。

Eトライアルでボスが湧いたら、1体を残して倒します。1体になったらヘイトを持っている人が、グルグル予定の場所から遠く離れた袋小路へとボスを誘導します。誘導できたら、その場でテレパイプを使ってキャンプシップへ戻り、「入り口」からフィールドへ戻ります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

PSEバーストのドロップは?

気になるドロップですが。5月に参加させてもらったフレの幻惑の森固定でのバースト中に、初の星14となるクヴェレウィンディアがドロップしました。その後も、幻惑の森グルグルとバースト固定で、デモニアソード・デモニアタリス・ラヴィスカノンなどなどを入手しました。

最後に

 PSEバーストのポイントまとめ

  • 団体行動を心がける
  • PSEレベル5~7では殲滅を早める
  • バースト中は壁を背にする
  • 遠距離武器を用意しておく
  • バースト終了後にPSEレベル7だと再チャンス

今回はPSEバーストについてまとめてみました。

幻惑の森固定の話は、私の体験をもとに書いていますので、これが正解というわけではありません。他にもっと効率の良いやり方もあると思います。固定参加するときは、固定主さんの指示に従っていれば、大きなトラブルは起きないはずです。

ではでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。